セントルイス・カージナルス

| 未分類 |

ナ・リーグ中地区「セントルイス・カージナルス」(略称STL)は本拠地をミズーリ州セントルイスにあるブッシュ・スタジアムとしたチームです。

1876年クリーブランド・ブルースとして創設され、1998年ブラウンズと名前を変え、セントルイスに移転、その後、パーフェクトスからカージナルスと改名しました。

1926年、ロジャース・ホーンスピーが選手兼監督としてチームをはじめてのワールドチャンピオンに導きました。

1940年代には1942年からの3連覇をいれて5年間で4度のリーグ優勝、3度の世界一に輝きました。

1980年代は機動力を中心としたスタイルで3度のリーグ優勝、1982年には9度目の世界一になりました。

ワールドシリーズ16回出場、優勝10回はヤンキースに次いで第2位の強さです。

近年でも2004年から2006年まで3年連続地区優勝し、2004年には両リーグ最多の105勝をあげて17年ぶりのリーグ制覇を果たしたもののワールドシリーズでは連敗し敗退してしまいました。

それでも2006年には24年ぶりの世界一に輝き、当時在籍していた田口壮選手も活躍してその喜びを味わうことができました。

昨年はワールドカードでワールドシリーズに出場し、5年ぶり11度目のワールドチャンピオンになっています。