ニューヨーク・メッツ

| 未分類 |

ナ・リーグ東地区「ニューヨーク・メッツ」は本拠地をニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズにあるシティ・フィールドにおくチームです。

1962年ナ・リーグ拡張の時に創設されました。
メッツという名前の由来は「メトロポリタン(都会っこ)」からきています。

初年度に史上最低の40勝120敗という成績をおさめてしまい、しばらく低迷していたのですが、1969年にワールドシリーズ優勝をしました。

1986年にもドワイド・グッテン選手やダリル・ストロベリー選手の活躍で二度目の世界一に輝き、「ミラクル・メッツ」と呼ばれました。

2000年に14年ぶりのリーグ優勝、ワールドシリーズでヤンキースと戦いました。
2006年にはぶっちぎりの地区優勝。

しかし2007年には残り17試合からの崩壊でプレーオフを逃す結果になってしまいました。

日本人としてはこれまでに吉井理人、野茂英雄、新庄剛志、松井稼頭央、高橋建らが所属していた。
かつては元ロッテ監督ボビー・バレンタイン監督が指揮していたこともあります。

多くの日本人の所属経験があり、2000年には東京ドームで日本初MLB公式戦を行ったことでも知られていて日本でもなじみの深いチームです。