ナ・リーグ西地区「サンフランシスコ・ジャイアンツ」(略称SF)は本拠地をカリフォルニア州サンフランシスコにあるAT&Tパークにおいたチームです。
AT&Tパークの場外はサンフランシスコ湾の入り江になっており、その海に着弾する場外ホームランを目当てにボートで待ち構えるファンもいる。

1883年、ニューヨーク・ゴーサムズとしてナ・リーグに加盟、その3年後にジャイアンツとなりました。

ニューヨーク時代には5度のワールドチャンピオンに輝いています。

1958年にドジャーズともに西海岸に移転、サンフランシスコに本拠地を置くことになりました。

移転後は5回の地区優勝をしています。

2002年には1989年以来のワールドシリーズに出場しましたがエンゼルスに破れ、世界一を逃してしまいました。

日本人選手としては1964年はマッシー村上が、日本人初のメジャーリーガーとして、在籍。
2002年には新庄剛志選手が在籍し、日本人初のワールドシリーズ出場を果たしています。

読売ジャイアンツはこのチームから名前とユニホームを採用しています。

近年は2010年に7年ぶりの地区優勝、8年ぶりのワールドシリーズ出場を果たし56年ぶりサンフランシスコ移転以来初のワールドシリーズ制覇を成し遂げています。

現在はナショナルリーグ西地区2位となっています。